We'd like to support everyone who wish to study abroad

アメリカ大学院進学を考えており、専攻は会計学を学びたいと思っております。日本では3年間経理、財務担当として就労経験を積み、現在はアメリカで10ヶ月間の会計インターンシッププログラムに参加中です。また、USCPA(米国公認会計士)の取得に向けて受験勉強に励んでおります。アメリカの大学院(会計学専攻)に進学するには、どの位の資金が必要なのでしょうか。資金をなるべく抑えて大学院に進学することを希望しております。またどの時期からどのような準備を進めるのがいいのでしょうか。

下記ご確認下さい。


大学院留学の費用について
http://www.gradschool.jp/fee/usa/
http://www.gradschools.jp/step/step_10-1-3.html


大学院出願までのスケジュール
http://www.gradschools.jp/step/step_10-3
http://www.daigakuin-ryugaku.com/schedule/index.php


出来れば大学院に進学したいのですが、資金的な問題からPostgraduate diproma留学も検討しています。また、アメリカでPostgraduate diproma/Certificateを目指す場合の費用も教えて頂けると幸いです。

通常海外の大学院で会計学を専攻される場合、大学での学位や専攻、職歴は問われません。そのためPostgraduate CertifcateやPostgraduate Diplomaを履修する必要はないと思います。


また北米でPostgraduate CertifcateやPostgraduate Diplomaといった学位はほとんど開講されていません。


大学院レベルの会計学(MA in Accountancy)は会計専攻で学士号を取得しているか、Pre-requisite を満たしているか要求されます。第二学士取得ということも考えてみました。もうすでに学士号を取得している方は、こういう手段もあるかと思いますが、修士号をすでに持っている場合には可能ではないのしょうか?

まず海外大学院で会計学を学ぶ場合は、


1、会計学学士号取得者に限定したコース、
2、会計学学士号及び会計関係の職歴を数年持っている方に限定したコース
3、会計学学士号及び会計関係の職歴を一切要求しないコース


以上に分かれます。
通常3のコースに関してはその国のCPA資格受験資格を満たすコースが多く、CPA資格受験の準備コースになっているか、MBAコースの副専攻として開講されていることがほとんどです。


一方1、または2に関しては既に会計関連の知識等お持ちの方ようですので、よりアカデミックなコースというよりはより実践的なコースとなります。クラスメイトも既にCPAを取得されている方も多く、ある程度の経験が必要となります。


大学院留学無料カウンセリング実施中