We'd like to support everyone who wish to study abroad

MBAインタビューで、質問は?と言われると思うのですが、何か良い質問例はありますでしょうか?

現在までMBAコースのインタビューで、「質問は?」とこちらからの質問を要求するケースに関してはあまり問合わせがありませんのでそういったものは準備しておりません。
もちろんインタビューの最後などに質問を促すケースはあると思いますが、基本的には学校からインタビューを要求してきておりますので、どちらかというと受動的な形式になるかと思います。

インタビューに関しては通常、1人柄、2コミュニケーションスキル、3熱意、4提出書類やスコアの再確認、を問われるものが多く、この1~4のどの項目に重きを置いているかが学校によって異なります。
例えばコミュニケーション能力について重きを置いているインタビューの場合はエッセイや履歴書等とは全く異なった予想できない質問をされるケースもあります。
これは準備していない質問をあえてすることによって出願者のコミュニケーション能力を試しています、この場合は落ち着いて論理的な回答をするよう心がけることが重要です。
(トフルのスピーキングセクションを思いだして下さい)

また提出書類やスコアの確認をするためにインタビューを課す場合もあります、
その場合は提出した履歴書、エッセイの内容、そして提出したTOEFLスコアと同レベルのスピーキング能力(アウトプット能力)を証明する必要があります。
このケースはエッセイや履歴書の内容、大学時代の経験や職務経験などについて簡潔にまとめてスピークアウトできるよう準備しておく必要があります。

最後に人柄ですが、これはMBAなどのグループワークなどを要求されるコースの場合、クラスを円滑に進めるうえで非常に重要となる人柄を確認するケースです。
このケースはフランクに日常会話を少し行って問題ないと判断されれば比較的に早く終了する場合が多いようです。

以上のように一口にアドミッションインタビューといっても様々な目的を含んでおりますので、包括的なご準備を心がけて頂ければと思います。

例えばインターンシップなどの質問をする場合は、希望するインターン先やインターン中にどういった経験がしたいか、といったことについて質問をされることも予期しておくことが必要となります。

そのため、1クラスの人数や、どういったバックグラウンドの学生が多いか、卒業後どういったキャリアを築いているか、といった追加質問をされた場合も比較的対応し易い内容をお勧め致します。


MBAインタビューの注意事項やアドバイスなどありましたらよろしくお願い致します。

インタビューについてですが、通常そこまで厳格なアドミッションインタビューという感じではありません。
志望動機やバックグラウンドなどしっかりと回答できれば問題ないと思います。
通常アドミッションインタビューは非常に厳格なものと、簡単にコミュニケーション能力や人柄を計るものがあり、どちらの目的かを事前に把握することが重要です。

また、質問される内容も事前に確認したものと異なることもあり(わざとコミュニケーション能力など計るため)、エッセイやレジメで記載した内容が第三者が書いたものや、経験したことと疑われることがないようしっかり口頭で答えられるようにしておけば対応できるものと思います。


Pre-sessional Course(スコアが足りない方が通う英語コース)では、MBAの基本的知識の授業は行われないのでしょうか?

MBAを目指す場合のPre-sessionalコースは、通常のPre-sessionalコース(英語のみ)と、MBA進学者専用のPre-sessionalコース(ビジネス英語含む)があります。MBA専用のPre-sessionalコース(ビジネス英語含む)を持つ学校は非常に限られていますので、通常は英語のみと考えて頂いた方がいいと思います。


イギリスのMBAだと、IELTS6.0でどの学校に出願すべきかアドバイスください。またイギリス出願の場合、VISA申請はいつ迄に実施しなくてはいけないかご教示下さい。

イギリスのMBAは通常IELTS7.0を要求します。
そのため、通常条件付き合格を取得し、IELTS6.0ですと6~7月頃に開始される事前英語コースに入学し、事前英語コース終了後にMBAに進学される方が多いです。その際、事前英語研修の開始時期が遅く、研修期間も比較的短いコースがお勧めとなります。

なお7月からコースが開始される場合、ビザ申請は5月には完了する必要があります。そのためイギリスのMBAコースに出願ご希望の際は、3月末頃までには出願を完了する必要があります。


MBAフェア等にて、国際的な環境や少人数スクールといったポイントは、2回ほど参加した説明会でもアドミッションの方が強く主張していたポイントでもあり、卒業生から直接話を聞いた中でも、数多く伺った特徴だったのですが、そのような関係者からの直接的な情報だとしても効果的とはならないでしょうか…?

昨今のMBAでは少人数例と国際化についてアピールするコースは非常に多いです。またそういったコースを出願者が求めていることも事実ですので、インフォセッションなどでそういった点について学校担当者が強くアピールすることも当然だと思います。そのためそういった環境の中で学びたい旨を強く述べることは有意義だと思いますが、それだけですと非常に志望動機が希薄なものになってしまいますので、もう少し具体的なコースの特徴などを入れた方が宜しいかと思います。


アメリカのMBAを希望しています。MBAフェアなどの留学フェアには行ってみた方が良いのでしょうか?

私どもからも時折スタッフが参加し、学校の情報などを得ています。ただあくまでこういったフェアは広告などの情報提供が目的ですので、アドミッションに関することは逆に期待できないと思います。また、このフェアはアメリカの学校は多くありませんので(ヨーロッパやアジアの学校が多いです)、MBA留学を目指している方やヨーロッパなどの世界のビジネストップスクールの雰囲気を感じるにはいいと思います。


そういった意味ではもちろん世界のビジネススクールの雰囲気を確認することが目的であればご参加されてもいいのではないかと思います。ただ前述したようにこういったセミナーは学校の広告とできるだけ多くの出願者を集めることを目的としていますので、学校によってはアドミションに関しては非常にあいまいな不
明確な回答をする担当者が多いのが現状です。


毎回担当者に不明確や不適格な回答を無責任にされ、出願校を迷いだす方が多くいらっしゃいます。そのため、学校の雰囲気やコース内容についてはある程度ご参考頂けると思いますが、合否などのアドミッションに関してはそれほど期待されない方が宜しいかと思います。


また特にヨーロッパやアジアの学校をメインに考えられている方でない場合、GMATやTOEFL対策が佳境なこの時期に参加されるメリットは、参加校の中に出願希望校が含まれている場合以外は、それほどないのではないかというのが正直な感想です。


MBAの世界ランキング100に入るようなスクール、大学を志望校にするか、有名大学世界ランキング100に入っている中でMBAコースのある大学を志望校にするかは、どういうメリット、デメリットがありますでしょうか。

前述させて頂きました内容に関連致しますが、やはり学校の「知名度」がキーになると思います。通常有名大学のランキングは、ビジネススクールや大学院といった条件がありませんので、総合大学としての順位を付けます、そのため必然的に学校名が有名なスクールが上位にくることになります。ただビジネス系の学位に弱い学校もランクされてくることになります。


例えばイギリスのトップスクールであるUniversity College London(ワールドランキング8位)ではMBAコースは開講されていません。
http://www.ucl.ac.uk/prospective-students/graduate-study/taught/degrees/search/programmes


一方ビジネススクールランキングには逆のことが言えます、総合大学としてのランキングではないので、世界的に知名度のない学校以外も数多くランクされています。ただあくまでビジネス系で優秀な学校を集めていますので、MBAコースは定評がある学校が並んでいます。


総合大学ワールドランキング:
世界的に知名度のある総合大学
ビジネス系の学位が優秀でない場合がある


MBAワールドランキング:
世界的に知名度のない大学、専門学校もランクされる
ビジネス系で優秀な学位を提供していることに間違いない


以上のようなメリットとデメリットがあります。もし気なるようであれば、下記のような総合大学ワールドランキングの中で、ビジネススクールがありMBAをしっかりと開講しているスクールを選ぶ、という手もあります。ただその際は北米のトップスクールが数多く入ってくるため、トップ100位くらいまでは見た方が無難ではないかと思います。ちなみに日本の大学は、東京大学27位、京都大学54位、大阪大学147位となります。ご参考下さいませ。
http://www.timeshighereducation.co.uk/world-university-rankings/2012-13/world-ranking


欧州のMBAに関して、financial timesのmba世界ランキング、mba欧州ランキング、the economistのmba世界ランキングの欧州学校の順位が全部異なっていて、どれを基準にしていいかわかりません。

確かにランキングに関しては順位が異なることが多いのが現状です。就職率や給料上昇率、ネットワークの構築への貢献率等、各ランキングはそれぞれにクライテリアを持っており、そのためランクが異なります。ランクを重要視する利点は、就職活動などの時、出身校のレベルを客観的に証明することができる、ということになりますが、その際できるだけ知名度のあるランキングで上位に位置する学校がいいということになります。そういった意味はfinancial timesとthe economistであれば、financial timesを重要視する方が多いのではないかと思います。


今後のキャリアとしては、M&A等を行うコンサルティング会社への就職を考えており、英語力を生かし海外で働くことが最終ゴールです。ただ、専門知識を身につけたいので、いったんここで転職(できればの話ですが)して、2、3年後に海外の大学院でMBAを取り、インターン等を経て就職するか、もしくはMBAを先に取り就職するかで迷っております。

MBAに関しては通常魅力的な職歴を持っていた方が有利なことに間違いはありません。ただ職歴が浅くてもGMATスコアなどで補うことができれば十分入学のチャンスはあります。


キャリアアップのためのMBA留学を計画しています。いったん退職しますが、今の会社に再就職したいと考えています。希望部門は、プレス、マーケティング、新製品企画です。米国より英国が良いと考えています。MBAの学校の選び方、専攻の選び方についてアドバイスがありましたらお願い致します。

MBA留学を検討するにあたり、出願校選びは非常にご苦労されることだと思います。
最初の難関といってもいいと思います。MBAの学校選びはまず今回のMBA留学の目的を検討することから始める必要があると思います。


1、労力や費用は惜しまずできるだけトップスクールに入学する
2、労力や費用はそれなりである程度のレベルのスクールに入学する
3、労力と費用はできるだけかけずMBA留学をしたい


以上のどの目的に属するか、そして現在の英語力に合わせてスケジュールを組む必要があります。たとえば英語力がなく1の目的であれば1年以上の準備期間は最低必要になりますし、英語力がなくても3の目的であれば英語力は必要ありません。


まずは今回の目的を明確化することをお勧め致します。


MBAを目指しています。大学時代の成績が良くなかったのですが、それでも大学院に行くことは可能なのでしょうか?

MBA留学の場合は職歴やGMATスコアが非常に重要視される傾向がありますので、大学の成績(評定平均)は他の専攻と比べるとそれほど重要ではありません。
どの程度良くなかったかによりますが、他の部分(職歴やGMATスコア、魅力的な推薦状など)で補うことができれば十分問題ないと思います。


アメリカの院を検索しておりますと、1年で終了できるというMBAのコースがあったのですが、通常、2年コースが多いと思います。1年コースと2年コースでは何が違うのでしょうか?素人の判断ですと、1年コースのほうが授業内容が浅いように推測してしまうのですが、実際は、どうでしょうか?

通常2年のコースは北米に多く、通常一年目に必修科目として経営学の基礎的な科目である、会計学、財務学、人材管理学、経済学、マーケティング、情報管理学等を学び、2年目に副専攻を選ぶことができます。


通常副専攻では国際ビジネス、国際マーケティング、アントレプレナー(起業)、個人向けファイナンス、起業向けファイナンス、人材開発学等幅広い選択肢から選ぶことが可能です。
MBAの場合通常必修科目であるコースはそれほど差がありませんので、その後の副専攻やインターンシップの有り無等でコースの差が出ることになります。


一方イギリスなどで多い一年のコースは(北米でも稀にあります)この副専攻を選ぶことができません。経営学の基礎的な科目を幅広く学び、コース終盤に作成する修士論文で専門性を付けることになります。また期間的な問題もあり通常一年のコースにはインターンシップはありません。


以上が簡単な違いになりますが、現在職歴をお持ちで特にキャリアチェンジではなくキャリアアップのため留学であれば一年のものでも問題ないかと思います。ただキャリアチェンジや職歴が浅い方などは北米などの2年間のコースがお勧めということになります。


職歴をcreditとして大学院入学の可能性はありますでしょうか?MBA取得を考えてます。

ご質問の意味が正確に理解できているか分かりませんが、もし職歴が卒業までの取得credit(単位)として認められるか、ということでしたらそういったことは一切ないと思います。


何年職歴があったとしても卒業単位数は取得の義務があります。ただ稀に職歴が長い方に関しては数クラス履修義務が免除される場合があります。そういったMBAコースは特殊なコースで、通常2年間卒業までにかかることはなく、職歴が5年、または7年以上の管理職の経験がある方に限定されています。卒業までの期間も9ヶ月程度から1年半程度と通常のMBAコースよりIntensiveなコースになります。


経営学部をでていないと経営学でマスター(MBA)は取れないのでしょうか。

通常北米、ヨーロッパ、オセアニアのビジネススクールで開講されているMBAコースは出願者に大学で経営学を専攻していることは義務付けておりません。そのためビジネススクールのMBAコースに在籍する学生は、経済学、工学、文学、心理学と出身学位は様々です。


ただ経営学部出身でない場合はFoundation Courseといってビジネスの基礎クラスを追加で履修させられる場合があります。


医療経営学・管理学の分野を学びたいと考えているが、日本の大学院を視野に入れるべきか、専門分野の勉強といつも気になっていた語学力の向上も目的とした海外大学院かで悩んでいます。

医療経営学を学ぶ場合は、下記のようなMBAの副専攻となっているコースが一般的ですが、それほど数は非常に限られてくると思います。


MBA International Hospital & Healthcare Management
MBA Concentration in Hospital Management


また、通常Hospital Managementというと看護師や医師のマネージメントを指すことが多く、患者の数に対しての看護師の数についてや、最も効果的なベットの配置、病院では働く人材管理や人材開発等、病院内の効果的な管理方法を学ぶ学位になります。所謂ビジネスとしての病院経営学を学ぶ学位ではありません。もしビジネスとしての病院経営(会計学や財務学、マーケティングなどを学び営利目的の病院経営方法を中心に)を学びたい場合は、ビジネススクールで開講しているMBAの副専攻でHospital Managementを選ぶのが賢明ではないかと思います。


日本で学ぶか大学院で学ぶか、という点については、それぞれ利点、欠点があると思います。海外で学ぶことができれば言語力が付き、長期海外滞在の経験ができます。また海外の学生と交流することにより幅広い意見や価値観と触れあうことができ、海外の人脈が出来るでしょう。ただ留学中は通常収入がないうえに学費、滞在費といった費用がかかります。日本で働きながらMBAコースなどに通うことができれば収入を保ちながら学ぶことができることが非常に魅力的だと思います。


名門のMBAに行きたいと考えておりますが、入学するにあたり勤務している会社のネームバリューは必要と成ってきますでしょうか。

こちらは厳密には出願するコースにも依存しますので明確な回答が難しいところですが、やはり世界的に知名度のある会社で働かれていた経験は効果的だと思います。


通常MBAコースは下記のような人材であることを証明する必要があります。
1、審査官から見て魅力的なキャリアゴールを持っている
2、キャリアゴールを実現するためのキャリアを持っている


特にに1の魅力的なキャリアゴールを述べることは難しいことではありませんが、2のそのキャリアゴール達成の現実性をアピールするためのキャリアプランを明確に述べることが難しいのが現状です。そこで世界的に知名度のある会社である程度のキャリアをお持ちの方であれば、キャリアゴールを実現するポテンシャルを証明することができるということです。以下世界的に知名度のある会社でキャリアを持っている場合の利点になります、


1、キャリアゴールを達成できるポテンシャルをPRできる
2、キャリアゴール達成までのキャリアプランを描きやすい


またMBA留学に関しましては弊社が運営するMBA留学センターのホームページもご参照ください。


カリフォルニア州のMBA大学院を希望しています。現在43歳です。2001年にUSCPAに合格しています。行ける大学院はあるでしょうか?

アメリカのMBAコースは通常年齢制限はありません。またUSCPAも出願には大きくアピール材料になると思います。ただMBA合格基準で通常最も重要なファクターはGMATスコアと職歴になります。どの程度GMATで高スコアを取得できるか、またどの程度現在までの職歴をアピールできるか、という点が最も重要になります。もちろん北米にはGMATスコアを要求しない学校や、職歴がない新卒の方でも入学できるコースは多数ありますが、ある程度トップスクールを狙うのであればGMATスコア及び職歴はある程度アピールできるものを持っている必要があります。


卒業後、就職時にMBAがより評価され、MSc(のBusiness Course)はそれほど評価されない、というような実態があるのでしょうか?

こればかりは進む分野によりますので難しいですね、、、
例えば経営コンサルティングやベンチャーなど多角的な視点で経営についてみることが要求されるような職であればMBAの方がよろしいかと思いますが、金融や会計監査、マーケティングなどの分野であればMBAよりむしろMSなどの専門色の強い学位の方が好まれると思います。


もし将来進もうと思っているキャリアが決まっていらっしゃるようであればMBAよりむしろMScまたはMS,MAといった専門色の強い学位のほうがよろしいかと思いますし、もしまだキャリアの専門分野が決まっていらっしゃらないようであればMBAのような経営学が多角的に学べる学位がよろしいと思います。


MBAとMScのBusiness Course(Accounting、Marketing、Internatinal Business等)の2つの違いはどのようなところにあるのでしょうか?

経営学を総合的に学ぶのがMBA、その中でも専門分野について深く学ぶのがMS,またはMAのDegreeと考えて間違いないかと思います。
またMScは主にイギリス、オセアニアなどで開講されている学位ですが、こちらはMBAと違いフルタイムの職歴がなくても入学することが可能な学位です。


例えば、
MBA
MSc Management
という学位は両方経営学を総合的に学ぶ学位ですが、通常職歴が3年程度以上ある方はMBA、職歴がない、またはそれ以下の方はMSc Managementとバックグラウンドによって分かれています。


また北米では認識が少し違い、MBAでも職歴などは出願条件に課していない学校がほとんどです。またMScという学位はなく、MA、またはMSという学位になり、経営学の中でも専門分野を決めてより深く学ぶための学位という認識になります。そのためMBAよりMS Accountingの方が難易度が高いということもあります。


MBA留学に関しましては下記ホームページをご参考下さい↓
MBA留学センター


やっとGMAT600点を超えることに成功しました、アメリカのトップスクールはまだ難しいでしょうか?

USNewsのランキングですと20位~50位圏内であれば十分狙えると思います。


具体的にはUSC, Boston, Maryland, Michigan State, UC Irvine, Iowa, Georgia, Washingonなどはエッセイ、履歴書、GPA,推薦状などによっては十分狙える圏内だと思います。
またBusiness Week, Financial Timesなどでも学校によっては十分上位校が狙えると思います。


ランキングについては下記もご参照ください。
http://www.mba-ryugaku.jp/school/usranking.html
トップスクールの目安は下記をご参考くださいませ。
http://www.mba-ryugaku.jp/school/topschool.html


またアカウンティング専攻となると一概に上記の上位校がいいというわけではありませんので、上位ビジネススクールの中でアカウンティング専攻を探すことになります。


その際アカウンティング系の職歴をすでにおもちで、さらにキャリアアップを目的とする方のコースと、現在までアカウンティングの職歴の経験がなく、これからCPAなど取得し会計学系の職を探す方用のプログラムがありますので注意が必要になります。


2007年秋入学でカナダの大学院でMBA取得を目指しています。英語力が足りないので条件付合格はもらえますか?

基本的にカナダの大学院、しかもビジネススクールですと、英語の条件付合格はオファーしていません。

もちろんカナダの大学院も専門スクール系やカレッジ系も含めると数多くありますので、その中で条件付合格をオファーしている大学院も探すことも可能かと思いますが、そうなると学校名やプログラムの充実度でご満足は難しいかと思います。


ただ、カナダの大学院は条件付合格をオファーしない代わりにトフルのスコアを待ってくれます。正式に出願をし、英語力をその後追って提出するという形ですね。その際、カナダの大学院は出願締め切りが早いので注意が必要です。


通常どの程度トフルのスコアを待ってくれるか、ということに関しましては学校によって異なりますが、来年の春くらいまでとお考えください。ただ出願締め切りはずっと早いことが多いので、まずは出願を正式に済ませる必要があります。


正式に出願を済ませるとカナダ大学院の方から英語力の件で願書が保留になっているとの連絡がきます。そこでいつまで保留にしておいてもらえるのか、ということを打診すると良いと思います。


私は職歴が今年で2年しかありません、MBA留学希望ですが・・・

【ご質問】
私は職歴が今年で2年しかありません、MBA留学希望ですがトップスクールに行けるでしょうか?


【ご回答】
こちらのご質問は少々お答えが難しいですね、、
もし職歴が3年以上ある方であればイギリスのトップビジネススクールでのMBAが目指せたのですが、2年となると少々微妙なところです。具体的に2年何ヶ月なのか、またパートタイムでも職歴があれば履歴書等でアピールし3年間の職歴として認めてもらう可能性もあります。


またアメリカのトップビジネススクールは、イギリスのように必ず職歴が何年以上なければいけない、という要求はされていないことが多いです。もちろん効果的なアピールできるような職歴であれば長くあるに越したことはありませんが、必ず出願時に必要というわけではありません。その代わりアメリカのトップビジネススクールは、ほとんど必ずといっていいほどGMATというテストスコアを要求されます。GMATはTOEFLやIELTSと違い相当難易度の高いテストなので、職歴がある方はイギリスのトップスクールを目指したほうが懸命といえるでしょう。


以上のように2年間という職歴はアメリカ、イギリス、共にトップビジネススクールを目指す際非常に微妙な期間ですので、その他スコアや学歴などアピールし一番最良のスクールを探してください


現在職歴がないのですがMBA留学は可能ですか?

可能です。

最近では職歴もなく、しかも新卒でMBA留学される方も増えてきています。

基本的にアメリカは職歴がなくても入学できるMBAのコースは沢山あります。イギリスに関しては、職歴がないと直接MBA入学は難しいでしょう。ただイギリスの場合は職歴がない方ようのMBAに代わるビジネスの修士号が用意されています。通常Mscと呼ばれる学位で、その中でInternational BusinessやE-commerceといった専攻を付けることも可能です。

MBAは職歴も4年以上あり、トップのみが開講している学位という認識がありましたが、それはずいぶん昔の話で、現在では、新卒の方がビジネスのスキルと知識を付けてから社会に出る、というのも珍しくありません。

もちろん従来のようにビジネススクールのトップ校ではMBAを開講していますが、現在ではその中でも2年目に選ぶ副専攻が多様化していて、
International Business
Human Resource Management
Marketing
Economics
Information System
などのおなじみの専攻から、
Art Management
Sports Bisiness
Torism Management
NPO Management
Educational Management
といった新しい専攻が時代の流れ共に現れています。

このまま就職したくないな、、と思ったらまずMBA留学で武装して社会に飛び出すのも悪くないのでは?!


大学院留学無料カウンセリング実施中