We'd like to support everyone who wish to study abroad

帰国後はは英語教師になりたいです。 当初は、ワーキングホリデーを考えていましたが、将来英語教師になることを考えると、留学した方が良いのかと感じています。TESOLのcertificateを取るプランや大学院留学をも視野にいれていますが、自分が授業についていけるのか心配です。自分にとってどういうかたちで渡豪するのが良いのかアドバイスをして頂きたいです。

現在TESOLという学位は、

Master of Science in TESOL
Master of Arts in TESOL
Master of Education in TESOL
Diploma in TESOL
Certificate in TESOL

と様々が学位が提供されています。
その中でも大学院で開講されており、日本でいう修士号(大学院前期課程)という学位を取得できるのは上記の中でもMasterという名のつく学位のみです。その他は国際的な共通の学位ではありませんので、学術的レベルに関しては証明することが難しいのが現状です。


TESOLは教育的な学位でありますし、もし将来教壇にたって実際に教師として勤務されることを目指していらっしゃるようであれば国際的な共通学位であるマスターのコースへの進学をお勧め致します。


授業に付いていけるか、という点に関しては確かにご心配な点もあると思いますが、各学校のコース担当者がTOEFLやIELTSなどのスコア基準を設けています。そのスコアを取得できるだけの英語力がついていれば間違いなく授業にはついていけると思います。コース担当者が過去に数多くの留学生を見てきて判断した基準のスコアですので、そのスコアを取得できれば授業には問題なく付いていけると思って問題ないはずです。自信を持って準備を進めてください。


TESOL留学を希望しています。TESOLを1年で修了できる国はイギリスとオーストラリアだけになりますか?

通常アメリカの英語教授法のコースは2年間になりますが、中には1年間で終了するコースもあります。
また、通常イギリス、オーストラリアのコースは1年間で終了しますが、出願の際一定期間(約1年程度)の教授経験を課すコースが多いのが特徴です。


教育学部学校教育課程を卒業後、小学校で2年間、その後私立高校で3年間働いています。1年半後の留学を予定しているのですが、自分の英語力をつけることと、英語・外国語教授法を学ぶこと。この2点です。希望は大学院なのですが、自分自身の英語の勉強もしたいと思っており、私にとって何が1番良い選択なのか分かりません。国も場所もこだわりません(留学費用は問題ですが。)

おそらく大学院での専攻はTESOL(英語教授法)を選ぶことになると思います。
もし費用をできるだけ抑えるということであれば一年間で修士号が取得できるイギリスがベストな選択肢になるかと思います。イギリスのTESOLは一部のコースを除き教授経験を必須をしておりますので、教授経験は1~2年以上ある方には適切なコースかと思います。


ただイギリスのTESOLコースはクラスを履修し修士論文を執筆しあっという間に大学院を卒業していまいます。そのため教育実習や模擬授業といった実践的な授業は少ないため、現場で役立つスキルを2年間かけてゆっくり学びたい方は北米を目指すことをお勧め致します。北米の州立大学であればGREがなく費用も400~500万円程度済む学校もありますので、ぜひご検討下さい。


TESOLの資格を目指そうと考えています。「1年~3年ほどの教授経験が求められる。」と書いてありましたが、アルバイトであっても、条件を満たすとみなされるのでしょうか。

まずTESOLは資格ではありません、
Master of Science (Master of Education) in Teaching English as Second Language (MSTESOL)、英語教授法修士号、という学位になります。MBAも資格ではなく、Master of Business Administration、経営学修士号という学位になるのと同じです。


またTESOLコース入学のための教授経験に関しましては、確かに通常2~3年程度の英語教授経験を要求しているコースが多いですが、教授経験を要求しないコースや、要求していてもパートタイムの経験で補えるコースも多数あります。TESOLコースは非常に内容も入学条件も多種多様ですので、コースによってそれぞれ大きく異なります。


現在理系専攻です。これからは日本国内であっても英語の需要が増えてくると思っており、TOSELのような資格を取得していきたいと考えております。今は自分の英語力を掲示できるものがなく、またレベル的にも初心者といったところですが大学院進学は可能なのでしょうか。

おそらく英語の需要について言及されておりますのでTOSELではなくTESOL(Teaching English as Second Language)についてのご質問かと思いますので、TESOLについて回答させて頂きます。


通常TESOLやTESLと呼ばれる学位は第二言語英語教授と呼ばれ、大学での専攻については限定されていません。そのため大学の専攻が理工系であっても問題なく出願することが可能です。もちろん英語力に関しては英語を教える方法と学ぶので、高い英語力も求められることになります(通常TOEFLiBT100点、IELTS7.0程度)。ただ北米でもGREを要求しないコースも多く、オーストラリア、イギリスでは条件付合格制度を持っているコースも多いので、難易度はそれほど高くない学位になるのではないかと思います。


ただ出願資格に教授経験を要求するコースが多く、学習塾や各種学校法人での英語教授の経験を1~3年程度要求するコースもあります。


なお英語力不足の大学院留学事情については下記ご参照ください。
http://www.gradschool.jp/blog3/4_/cat2/


海外の高等教育機関で日本語を教える場合は最低限マスターをもっていないと無理と聞きました。海外の大学院であればどのような学科を学ぶのが有利なのでしょうか?

海外の大学院にある教育学部では、英語教授法や言語教授法などのコースは開講していますが、所謂日本語教授法という英語以外の特定の言語に関する教授法が開講されていることは稀です。中国語教授法、スペイン語教授法などは稀に開講されている学校もありますが、日本語に限定した教授法を開講している学校はほとんどありません。そのため第二言語教授法を学び日本語に応用するか、第二言語を日本語に設定しているオーストラリアでは日本語教授法の専攻を開講している大学院も存在しますので、そういった大学院を探して学ぶか、ということになります。


また英語以外の言語に関する教授法を学びたい場合は、教育学部ではなく言語学部で開講されている応用言語学(Applied Linguistics)という学問が適しているのではないかと思います。言語学を学びその言語学をいろいろな分野に応用していこうという趣向の学問ですが、もちろん教育に応用していこうという専攻も存在します。その場合日本語言語学を教育に応用する形で学ぶことができるかと思います。


私は英語教師の資格が取れる大学院に留学したいと思っています。それにはTESOLを専攻すればよいのでしょうか、またTEFLとはどう違うのでしょうか?

TESOL (Teaching English as Second Language)や、TEFL(Teaching English as Foreign Language)は、英語教員免許ではありません。あくまで海外の大学院で第二言語として英語を取得したい方への教授法(実際の授業の進め方からカリキュラム、テキスト開発等)を研究するコースですので、所謂日本の教員免許とはまったく種類が異なります。


通常教員免許を取得するためのコースはネイティブの学生(少なくても永住権を取得している)向けのコースがほとんどで、留学生が入学することは難しいが現状です。アメリカでは教員免許は教育学部でオファーされている州内で教員として働く許可をもらう専門コース(日本でいう教職課程)を履修する必要があります。学校によってはその専門コースに留学生も受け入れていることもあるかもしれませんが、教員免許を取得したとしても就労許可がありませんので、就労許可を米国政府に申請してもらうためにビザサポンサーになってくれる学校を探す必要があります。また本来外国籍の方が州立の教員になること自体難しいと思いますので、詳しく希望留学先の教育学部及び留学生オフィスに詳細を問い合わせる必要があると思います。


ただELSのような語学学校であればTESOL所有者の外国人が働いているケースも数多くありますので、私立英語学校であればTESOL取得後に就労の道があると思います。


小学校、中高(英語)の教員として国際クラス等で外国人児童サポート職に就くため海外のTESOLコースでMAを取得後、日本国内にて教員免許の取得を検討しています。

キャリアプランとしては明確な選択肢ではないかと思います。

ただ教員採用試験の年齢制限や、教員への可能性はご検討された方がよろしいかと思います。
またTESOLは英語教授法として第二言語としての英語教授の具体的なメソッドを学びますので、ご検討されているキャリアですと教育学部で開講されている異文化学などもご検討されるとよろしいかと思います。異文化体験などからくるカルチャーショックなどに特化した異文化コミュニケーション学という学問もありますし、異文化カウンセリングなどのコースもありますので、ご希望されているキャリアを目指される場合はいろいろな専攻(コース)をご検討頂く必要があるかと思います。


英語教授法、カウンセリング、異文化間コミュニケーションの分野での大学院留学を考えています。1年間のイギリスもしくはオーストラリアの大学院を希望しています。間に合いますか?

まず今からでも間に合う学校に関しては、オーストラリア、イギリスに関しては、全ての学校がまだ間に合います。オーストラリアは7月入学で、イギリスは9月入学です。期間はオーストラリアですと1.5年間かかります。イギリスは通常一年間です。

専攻に関しましては、TESOLですと、イギリスでしたらUniversity of LodonやUniversity of Leeds, またはUniversity of Bathなど沢山の有名スクールがありますし、オーストラリアではトップ8大学どの大学もTESOLは開校しています。まずはその辺からお調べしてみてはいかがでしょうか?

また、国際コミニケーションは、イギリスですとUniversity of Newcastleなどが有名ですね。

また、TESOLと国際コミニケーションを合わせた趣向の、International TESOLというプログラムもオーストラリアやイギリスでは盛んに開校されています。


大学院留学無料カウンセリング実施中