We'd like to support everyone who wish to study abroad

GREの予備校でお勧めしているところなどはありますでしょうか。

GREですと難しいところですね、、

GMATですと特にVerbalは名のある講師の方が個人的に行っている塾などもありますが、GREのVerbalはどうしても単語問題に終始してしまう傾向が強いので、あまり塾に通っている方いないのが現状です。GREの予備校ということであれば現状ですとAgos、駿台、Kaplanなどになるかと思いますが、通われた方のお話を聞いたことがありませんのでアドバイス等は難しいです。ただTOEFL対策塾も同じことが言えますが、ネイティブ(または日本人)の講師と一緒にただバーロンズなどの洋書の問題集を解く、といった講座は避けるべきだと思います。せっかく塾に通うのですから、ただ問題集を一緒に解くのではなく、セクション別のストラテジーなど、+アルファの部分を提供してもらえるコースをお勧めします。


GMAT初回受験に関して、1月下旬くらいからのGMAT初回受験を考えています。初回受験までに、数学のオフィシャルガイド13thのみは、一回転しようと思っていますが、verbalもひととおり、official guideを一回転させてから、うけた方がいいのでしょうか。(verbalは、ほとんどできていません。)

verbalに関してはオフィシャルガイドをご確認頂ければセクションの概要、設問別対策方法、各種攻略方法はご理解頂けると思いますので、ご確認、ご理解頂きましたら問題集をできるだけ説くことをお勧め致します。問題集に関してはもちろんオフィシャルガイドが最初はいいと思いますが、その後は洋書であればどれでも特に問題はないと思います。


GMATはGREと異なり受験スコアが過去の分も送付されますので、準備不足での受験はお勧めできません。ただ試験はほぼ毎日行われていますし、受験予約もとりやすいです。最低でも数学セクションを終了し、Verbalに関しましても問題と設問別対策方法などには精通した状態で受験されることをお勧め致します。


GMATについては今は全然自信がないのですが、出来るだけ早く初受験したほうがいいでしょうか?

GMATに関してはTOEFLやGREと異なり、過去受験した全てのスコアがスコアレポートとして学校に届いてしまいます。また、GMATは受験後すぐにスコアが分かりますので、IELTSなどのようにスコア発表までスコアを待つ必要がありません。そのため、GMATはある程度準備をされて受けることをお勧め致します。ある程度の準備とは、数学範囲の復習、オフィシャルガイドを3回程度は行う、といった準備はされて受験されることをお勧め致します。


GMATはオフィシャルガイドをやるつもりですが、AWAについて何かおすすめの勉強法があれば教えてください。

AWAの件ですが、現行のGMAT(2012年6月に改変済み)ではAWAは一つなくなり、Analysis of Argumentのみになっています。また、AWA及びIntegrated ReasoningはVerbal及び Quantitativeの総合スコアとは関係ないため、現状ではまずV+Qのスコア向上を目指されることをお勧めします。AWAやIntegrated Reasoningの対策は、少なくともV+Qの総合スコアで550点は越えた後に行った方がいいと思います。また対策本に関しては現在Integrated Reasoningという新しいセクションと共に対策できる下記がお勧めかと思います。


Integrated Reasoning and Essay GMAT Strategy Guide, 5th Edition (Manhattan Gmat Strategy Guide: Instructional Guide)
http://www.amazon.co.jp/Integrated-Reasoning-Strategy-Edition-Manhattan/dp/1935707833/ref=pd_bxgy_fb_text_b


GRE試験を申し込む時に学校あてのスコアレポートの送付については現時点でも申し込むべきなのでしょうか?

こちらは判断が難しいところです、
通常GREはテスト終了時にスコアレポート依頼をを決定できますので、自信のあるスコアだった場合、そこでスコアレポート依頼を行うことができます。また、以前のように受験した全てのスコアが学校に送られる訳ではなく、指定したスコアのみを送ることもできます(ScoreSelect)ので、2回受験される場合は、2回受験後により高いスコアのみを学校に送ることも可能です。ただその場合追加費用がかかってしまいます。


詳しくは下記ご参照下さい。
Sending Your Scores
https://www.ets.org/gre/revised_general/scores/send/
New ScoreSelectSM Option
https://www.ets.org/gre/revised_general/about/scoreselect/


つまり、出願まで何回受験にするかによってスコアレポートの重要性も変わると思います。出願まで1回勝負にするようであれば、いずれにしてもテスト終了時にスコアレポートを依頼する必要がありますし、2回受験するようであれば1回目のスコアをレポートするか否かは、(それほどスコアに自信がない限りは)2回目の結果を待ってからでもいいのではないかと思います。


Integrated Reasoningの対策はほとんどしていないのですが、大学側はこのセクションのスコアをどれくらい評価の中に入れてくるのでしょうか?

Integrated Reasoningはご存じのとおり最近追加されたセクションのため、各ビジネススクールがどの程度重要視するかは私どものまだ把握していないのが現状です。ただ通常GMATはGREとは異なり、総合スコアで見られるため、Integrated Reasoningがどの程度総合スコアに影響するかは現状では未知数ですが、いずれにしても総合スコアで600点オーバーを取得することが目標となると思います。


前回のテストで410 (Q31、V17)というスコアでした。1ヶ月の準備で500超えはできますか?

現状から500点を目指す場合は、やはり、Q20, V40というのが目標となると思います。現在対策を行って頂き、オフィシャルガイド等の結果はいかがでしょうか?

もし日々の勉強の手ごたえが(Q31、V17)よりかなり出来ているという印象であれば、確実にCATのせいだと思われますし、もし日々の勉強の手ごたえと今回のスコアが同等という印象であれば確実にQの対策が急務となります。


もしCATのせいでスコアを落としている場合は、日々のトレーニングで最初の10問に25分程度の時間を割くことによって正解率を挙げるよう心がけて下さい。


また極端な例ですが、V17でもQで40超えをすれば500点に届く可能性はありますし、500点には限りなく近づきます。そのためまずは即効性のあるQで40超えを目指すのことを目標に行って頂ければと思います。


Qの対策に最も必要なことは、GMATの数学の問題が日本語で出題された場合確実に解けるか、という点です。日本語で出題された問題が解けないようであれば英語で出題されたら間違いなく解けませんので、まずは日本語で解けるか確認してください。もし日本語でも不確実な場合は時間を割いてでも日本語で必要数学範囲に関して復讐する必要があります。現在弊社でもGMATの数学必要範囲についてまとめておりますので、完成次第お送りさせて頂きます。

またGMATの対策、勉強法について下記ホームページに詳しく記載されています。

GMAT対策研究所
http://www.gpri.jp/


GMATはある程度準備が出来て、prepで点数が出てから受けたほうが良いか、試験慣れのためにとりあえず1度受けてしまったほうが良いか。どちらがお勧めですか?

通常ご指摘頂きました通り受験回数に限り(1年間5回)があることや、過去のスコアも出願校に送付されてしまう(ただ学校は過去のスコアの一番のハイスコアを見るということになっています)ことを踏まえると、ある程度の準備をされたのち受験されることをお勧め致します。最低でもMathセクションはほとんど終わらせて頂くとして、Verbalに関しては、最低でもSC及びRCに関してはある程度対策を行ってから受験されることをお勧め致します。


通常GMATの対策塾に通われると、SCのエラー別解説、RCの設問別解説を受けることができ、両セクションの設問の種類、各設問を回答するためにどういった考え方、スキルが必要であるか、ということが把握できると思います。それが把握できましたらオフィシャルガイドなどで問題をできるだけ多く説き、その考え方、スキルを使えるようになっていく、という作業がある程度できるようになってから受験すべきだと思います。


また受験慣れ、ということも重要ですが、下記のようにGMATの場合試験慣れする教材はありますので、本番はある程度の準備ができた後に受験されることをお勧め致します。
http://www.mba.com/the-gmat/download-free-test-preparation-software.aspx

またGMATについての対策方法や勉強法などは下記にて詳しく解説しています。
GMAT対策研究所
http://www.gpri.jp/


目標は500点です。ただGMATprepで440(Q39V13)というスコアになってしまいました。次回テストまでしばらく期間を空けたほうがよろしいでしょうか?

まずスコアの件ですが、現状のQ39というスコア、また直近の目標である500点を考慮すると、Q39、V20で500点超えはできる計算になります。


CATを考慮すると13から20にスコアが短期間で上がることも十分可能性があるため、1~2か月度には一度受験しておくべきかと思います。もし直近の目標が600点の場合は、少なくてもVで30超えをする必要があり、短期間で13→30というのは現実的に難しいかと思いますので、状況は変わってきます。


ただ12カ月に5回の受験制限のルールを考慮すると、もしGMATのスコアが伸びなかった場合に入学時期を延期することを検討する予定がある場合は、直近の受験は避けるべきかもしれません。


またGMATについての対策方法や勉強法などは下記にて詳しく解説しています。
GMAT対策研究所
http://www.gpri.jp/


本番のQはOGよりもずっとレベルが高いように感じました。また、Vに関しては、GMATを受けるレベルに達していないというのが正直な気持ちです。アドバイスをお願い致します。

確かに最近Qの問題はGREも含め年々難易度が上がっているようです、
Vに関しては、おそらく留学生の受験者の大半は「Vに関しては受験するレベルに達していない、、」と思っていると思います。もともとネイティブスピーカー用のテストですので留学生のほとんどの方はそういった印象を持つのは当然だと思います。


そういった状況でできるだけ効率よく問題に取り組むためには、設問の種類をとにかく把握し、本番でどの設問タイプか、何を問われている問題か、という点に時間をできるだけ割かないことがコツだと思います。設問タイプをできるだけ早く理解し、できるだけ問題文は読まずに理解できるよう訓練することが重要になると思います。


GMAT対策方法や勉強法などは下記もご参考下さい。
GMAT対策研究所
http://www.gpri.jp/


大学院留学無料カウンセリング実施中