大学院留学を検討している方のために様々なニュースや情報を日々更新しています。

【緊急続報:大学院留学ニュース】~英国内務省TOEFL不認可の最新情報~

何度か最新情報が入り次第お伝えしてきた英国内務省のTOEFL(ETS)不認可の動きですが、今回弊社クライアント様の中でも、数名の方が4月17日以前に受験されたTOEFLiBTスコアで無事英国大学院より入学許可書を受け取ることができました。

入学予定の学校担当者によると、学生ビザ申請も問題なく行うことが可能とのことです。…

つきましては、TOEFLiBTの受験日が非常に重要となります。現在2014年4月17日以前に受験された方に関しましては、

1、学校から入学許可書も問題なく発行される。
2、学生ビザ申請も問題なくできる。

ということが判明致しました、
ただ、TOEFLiBTスコアで学生ビザの申請を行うと、申請の際インタビューが課せられることがあるようです。

以上から、ひとまず4月17日以前のTOEFLiBTスコアで留学される予定の方は一安心となります。なお、4月17日以降のスコアは、依然として学生ビザ申請には使用できませんので、再度IELTSなどのテストを受験する必要があります。

ただ英国大学院の中でも、ある程度名門大学院などは比較的冷静に対応頂いておりますが、まだ混乱が続いている大学院も存在しますので、4月17日以前にTOEFLiBTを受験された皆様で、進学校に入学許可書発行を拒否された皆様は、引き続き粘り強く進学校に交渉されることをお勧め致します。

また、来年に関しては不確定な部分がありますので、2015年入学に英/米国の大学院を併願されるご予定の方は、下記弊社セミナーにご参加下さい。最新情報をもとに、併願における戦略的テスト対策の方法やスケジュールなど解説させて頂きます。

2015年入学フォローアップ大学院留学セミナー
場所: 東京国際フォーラム
日付: 2014年7月5日(土)
時間: 13時30分~15時30分
http://www.gradschool.jp/event/index_eigo.htm

カテゴリー テスト対策ニュース(4), 大学院留学ニュース

タグ ,

2014年05月22日

Bookmarks:
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

【緊急続報:大学院留学ニュース】~英国内務省TOEFL急遽認定の動き~

先日までは受験地、及び受験日に関わらずTOEFLでの入学許可、または各種ビザ申請が全て不許可としていた英国内務省ですが、下記の通り4月17日以前に受けたTOEFLスコアは認定する動きに変更したようです。

https://www.gov.uk/government/publications/guidance-on-applying-for-uk-visa-approved-english-langua…ge-tests

この発表を確認する限り、(4月17日以前に受験していることが条件ではありますが)学生ビザ申請でTOEFLを使用することはできるようになったと言えると思います(詳細は必ず出願校にご確認下さい)。

ただ問題は皆さんが出願している大学院が、TOEFLスコアで入学許可書を発行してくれるか否かとなります。

現在弊社でもクライアント様の件で各学校に問い合わせておりますが、学校によって回答が異なり、まだ学校側も状況を明確に把握できていない状況であろうと推測されます。

よって4月17日以前にTOEFLを受験していらっしゃる方は、早急に出願校に確認を頂くことを強くお勧め致します。

その際、
1、提出済みのTOEFLスコアで学生ビザ申請は可能か?
2、提出済みのTOEFLスコアで入学許可書(CAS)は発行可能か?
以上の2点についてご確認下さい。

以上となりますが、また最新情報が入り次第お伝え致します。

カテゴリー テスト対策ニュース(4), 大学院留学ニュース

タグ ,

2014年05月22日

Bookmarks:
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

【緊急続報:大学院留学ニュース】~英国4月5日以降のビザ申請は全てTOEFL不認可~
(条件付き合格のケースもIELTSなどを再提出)

英国のビザ申請にTOEFLスコアが使用できない、という件についての緊急続報です。

その後の調査で、どうやら4月5日(土)までにビザ申請を完了している方はTOEFLでも申請が通るようです。ただその場合インタビューや追加書類が課せられる可能性があるということです。

つまり4月5日(土)以降に申請を検討している方は、すべてIELTSテスト、またはPTEテストを受験する必要があるということです。現在両テスト共に受験予約が込み合っているため、必要な方は早急にご予約いただくことをお勧め致します。

また、入学予定の学校についてですが、英国内務省がTOEFL/TOEICを全面的に不認可にする決定を受け、現在入国管理局がTOEFL/TOEICでは入学許可書(CAS)の発行を禁止しています。

そのため、ビザ申請のためだけでなく、入学するためのスコアとしてもTOEFLが使用できなくなっています(各学校が一斉にTOEFLを不認可に動いています)。

ただ急なレギュレーションの変更のため、現在学校スタッフも困惑しているというのが正直なところです。そのため、詳細は必ず入学予定の学校にご確認いただきますようお願い致します。

カテゴリー テスト対策ニュース(4), 大学院留学ニュース

タグ ,

2014年05月22日

Bookmarks:
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

【緊急続報:大学院留学ニュース】~英国政府TOEFL不認可を決定(学生ビザ申請時)~

「受験地に関わらず英国学生ビザ申請時にTOEFL不認可を決定」

先日お伝え致しました「英国政府がTOEFLを不認可とした」、というニュースの続報です。今回ETSのオフィシャルページに下記の通り公表されています。
https://www.ets.org/toefl/important_update/update_toefl_uk

続きを読む

カテゴリー テスト対策ニュース(4), 必読!留学コラム(21)

タグ 

2014年05月22日

Bookmarks:
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

【大学院留学ニュース】~フルブライト奨学金説明会(5/28 最終開催)~

いよいよフルブライトの奨学金応募の締め切りが、「2014年5月31日」に迫りました。応募希望の方は既に応募はお済ませでしょうか?

日米教育委員会で何度か開催されているフルブライト奨学金説明会も、5月28日(水)のものが最終となります。

まだ応募されていない方は是非こちらの説明会に参加し、5月31日に間に合わせましょう!
http://www.fulbright.jp/study/event/setsumei_gr.html

カテゴリー 奨学金ニュース(10)

タグ ,

2014年05月22日

Bookmarks:
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
大学院留学セミナー開催中



大学院留学タイムズ
サイトマップ