語学学校へいってからコミュニティカレッジへいってOPT取得をするか大学院へ行くか検討している最中です。アメリカでの就職を目指すにあたって、どのような行程がよいでしょうか。

既に大学をご卒業されて職歴がある方が、コミニティカレッジに行くことはまったく意味のないことです。ばかりか、将来履歴書を作成し就職活動をする際、なぜわざわざ学歴を落としてまでコミニティカレッジに再度入学したのか?ということを問われ逆効果になってしまいます。

今後の道としてアメリカに限定してお伝えするのであれば、大学院入学、またはエクステンションコースがおすすめです。

大学院留学ですと卒業までに二年間かかりますが、MSの学位が取得できますので、給料の優遇面や、就職活動で有利でしょう。エクステンションコースでは9~12ヶ月で終了でき、OPT期間がもらえます。

またコミニティカレッジは日本の短期大学ですから、18~20歳くらいの方が大半です。その中で学びなおすのは精神的にも難しいかと思います。

ただコミニティカレッジの中でも、ボケイショナルコース(職業訓練コース)を開講しているところであれば、エクステンションコースを同じような内容なので、年齢層も様々で、実践的なことが学べるので宜しいかと思います。

エクステンションはUCLAやNYUといったトップスクールで開講していることが多いので、学ぶ環境を重視される方には向いているプログラムです。

大学院にいって学歴を伸ばすか、エクステンションで手っ取り早くOPTをとってしまうかということについては、費用と今回の留学にかけることのできるお時間などで決めていかれてはと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です