アメリカのMBAを希望しています。MBAフェアなどの留学フェアには行ってみた方が良いのでしょうか?

私どもからも時折スタッフが参加し、学校の情報などを得ています。ただあくまでこういったフェアは広告などの情報提供が目的ですので、アドミッションに関することは逆に期待できないと思います。また、このフェアはアメリカの学校は多くありませんので(ヨーロッパやアジアの学校が多いです)、MBA留学を目指している方やヨーロッパなどの世界のビジネストップスクールの雰囲気を感じるにはいいと思います。

そういった意味ではもちろん世界のビジネススクールの雰囲気を確認することが目的であればご参加されてもいいのではないかと思います。ただ前述したようにこういったセミナーは学校の広告とできるだけ多くの出願者を集めることを目的としていますので、学校によってはアドミションに関しては非常にあいまいな不
明確な回答をする担当者が多いのが現状です。

毎回担当者に不明確や不適格な回答を無責任にされ、出願校を迷いだす方が多くいらっしゃいます。そのため、学校の雰囲気やコース内容についてはある程度ご参考頂けると思いますが、合否などのアドミッションに関してはそれほど期待されない方が宜しいかと思います。

また特にヨーロッパやアジアの学校をメインに考えられている方でない場合、GMATやTOEFL対策が佳境なこの時期に参加されるメリットは、参加校の中に出願希望校が含まれている場合以外は、それほどないのではないかというのが正直な感想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です