大学院留学を検討している方のために様々なニュースや情報を日々更新しています。


海外における就職活動に関してはその時代に依存するところも多く、実態に関して明確に解説するのは難しいのが現状です。例えば2014年以前に就職活動をされた方と2017年に就職活動をされた方、実際には3年程度しか変わりませんが、市場は完全に買い手市場から売り手市場に変貌を遂げました。そのため、就職活動の実態に関しては皆さんがどの時期に就職活動をするのか、ということに依存しています。

現在2018年は人手不足が様々な業種で続くことが予想され、により完全な売り手市場と考えて間違いないと思います。

まず卒業後新卒の就職活動が可能か否かということに関しては、企業によりますので明確な回答が難しいのが現状です。通常新卒の~年から~年の卒業者となり、年齢制限はない場合は多いのでフルタイムの就労経験がない場合は新卒枠での就職活動が可能です。ただ新卒枠の条件は各企業によって大きく異なりますので、実際は皆さんが就職を希望する企業の新卒枠を確認する必要があります。

以上のように就職活動の現状とは時代によっても大きく異なりますし、就職希望先の企業によっても大きく異なります。そのため海外の就職活動の方法に関してこれが正解といえる方法はありません。

国別に就職活動の現実を見ると、先にも説明させて頂きました通りイギリスのコースは通常一年間ですので、在学中に就職活動を行うことは現実的に難しいが現状です。海外の大学院に在学中の方にとって非常に有効な就職活動の一つに、Disco Internationalが主催するキャリアフォーラムに参加することが挙げられますが、通常ロンドン、ボストン、ロサンゼルス、東京で行われるためロンドン以外のフォーラムには参加することが難しいのが現状です。また、9月に入学し9月卒業ですので、日本企業の入社時期である4月入社に合わせて就職活動を行うことが難しいという現状があります。

通常キャリアフォーラムは、
6月頃:ロンドン
6月頃:東京
9月頃:ロサンゼルス
10頃月:ボストン
12頃月:東京

に行われることになります。イギリスの大学院生は通常卒業後に就職活動を本格的に始動する方が多い為、9月卒業後10月のボストン、12月の東京のキャリアフォーラムに参加することになります。そこで就職先を見るけることができれば翌年から働くことが可能になります。

一方アメリカの大学院在学生は通常2年間在学しますので、1年目の10月、12月に行われるキャリアフォーラムに参加できると卒業する年に入社できる希望を探すことができます。またそこで見つからなくても翌年の6月に開催されるフォーラムに参加することも可能です。

ただこれはイギリス、アメリカの大学院生共に言えることですが、6月や10月は夏季休暇や年末・年始休暇時期ではないので休みをとってキャリアフォーラムに参加することは難しいですし、例え参加できたとしても企業研究等の準備が整わず消化不良になってしまうことも多いのが現状です。そのため入学前からしっかりと情報収集を行い、就職活動へのスケジュールを立てることが重要になります。

カテゴリー 大学院留学QandA, 留学と就職関連

2018年05月17日


TESOL (Teaching English as Second Language)や、TEFL(Teaching English as Foreign Language)は、英語教員免許ではありません。あくまで海外の大学院で第二言語として英語を取得したい方への教授法(実際の授業の進め方からカリキュラム、テキスト開発等)を研究するコースですので、所謂日本の教員免許とはまったく種類が異なります。

通常教員免許を取得するためのコースはネイティブの学生(少なくても永住権を取得している)向けのコースがほとんどで、留学生が入学することは難しいが現状です。アメリカでは教員免許は教育学部でオファーされている州内で教員として働く許可をもらう専門コース(日本でいう教職課程)を履修する必要があります。学校によってはその専門コースに留学生も受け入れていることもあるかもしれませんが、教員免許を取得したとしても就労許可がありませんので、就労許可を米国政府に申請してもらうためにビザサポンサーになってくれる学校を探す必要があります。また本来外国籍の方が州立の教員になること自体難しいと思いますので、詳しく希望留学先の教育学部及び留学生オフィスに詳細を問い合わせる必要があると思います。

ただELSのような語学学校であればTESOL所有者の外国人が働いているケースも数多くありますので、私立英語学校であればTESOL取得後に就労の道があると思います。

カテゴリー 大学院留学QandA, 専攻関連, 留学と就職関連

2018年05月17日


最近よく耳にする「ディプロマ・ミル、またはディグリー・ミル」とはいったいなんでしょうか?
簡単に言うとアメリカ、イギリスなどで行われている「学位商法」のことをさします。

学位商法とは、
大学の学士号や大学院の修士号など世界共通の学位を金銭を目的に販売する米国の業者のことを指します。学位工場などとも呼ばれ、指定された代金を振り込むだけで学位証明書を発行してくれる業者もいます。「数週間で学位が取れる」などと広告をし、ダイレクトメールやEメールでの広告も行われています。アメリカで約べ700校、日本でも約50校あるとされ、詐欺行為を誘発するとして米国で社会問題となっています。

そこで2007年から日本の文部科学省も正式調査を行っています、
上記のディプロマ・ミル(ディグリー・ミル)問題について、文部科学省が全国のすべての国公私立大学を対象に、非認定大学の学位使用に関するアンケート調査を開始しました。学位商法問題に関する調査は、日本で初めてで、同問題に対する意識が、日本でも高まっていることを裏付けた形です。

今回の調査の内容は、アメリカやイギリス、中国、オーストラリアで、非認定の教育機関が発行した学位を使用している教員の有無を問うものです。日本の各大学は、教職員が紀要や経歴などの中で表記している学位を、各国の安全な大学を紹介する「ホワイトリスト」に照らすなどしたうえで回答することになります。

カテゴリー 国別の特徴関連, 大学院留学QandA, 留学と就職関連

2018年05月17日


既に大学をご卒業されて職歴がある方が、コミニティカレッジに行くことはまったく意味のないことです。ばかりか、将来履歴書を作成し就職活動をする際、なぜわざわざ学歴を落としてまでコミニティカレッジに再度入学したのか?ということを問われ逆効果になってしまいます。

今後の道としてアメリカに限定してお伝えするのであれば、大学院入学、またはエクステンションコースがおすすめです。

大学院留学ですと卒業までに二年間かかりますが、MSの学位が取得できますので、給料の優遇面や、就職活動で有利でしょう。エクステンションコースでは9~12ヶ月で終了でき、OPT期間がもらえます。

またコミニティカレッジは日本の短期大学ですから、18~20歳くらいの方が大半です。その中で学びなおすのは精神的にも難しいかと思います。

ただコミニティカレッジの中でも、ボケイショナルコース(職業訓練コース)を開講しているところであれば、エクステンションコースを同じような内容なので、年齢層も様々で、実践的なことが学べるので宜しいかと思います。

エクステンションはUCLAやNYUといったトップスクールで開講していることが多いので、学ぶ環境を重視される方には向いているプログラムです。

大学院にいって学歴を伸ばすか、エクステンションで手っ取り早くOPTをとってしまうかということについては、費用と今回の留学にかけることのできるお時間などで決めていかれてはと思います。

カテゴリー 大学院留学QandA, 留学と就職関連

2018年05月17日


これは特に夏あたりから非常に多くなる相談ですね。現在大学四年生、または三年生が就職が、留学かで悩むようです。両方の良い点、悪い点というのは非常に難しい問題ですが、まずは大学院留学した際の利点と欠点についてお伝えしたいと思います。

現在大学四年生で就職活動をしている方は、自分に他の学生と違った能力、もしくは特技、資格などがなくて非常につらい思いをしている方も多いのではないでしょうか?特に集団面接や、第四次面接まで課すような大企業では、卒業大学のネームバリュー以外はどんぐりの背比べ状態で、自分をアピールしたところで他の学生とそれほど変わりません。。また面接官によっては意地悪な質問をわざとしたり、期待をもたせて最終面接でほとんど落としたりと、つらい思いも耐えません。いくら一時の就職難から脱したとはいえ就職活動はつらい日々が続きます。

就職活動してもう一つ疑問に思うことは、自分は何をしたくて就職活動をしているのか、ということです。とりあえず聞いたことのある企業を端から受けてみる。また広告業界やメディア、出版、通信など、なんとなく面白そうな業界を受けてみる。でも本当に何がやりたくて就職するのでしょう?そんな思いに悩んだことはありませんか?

以上のような自分には社会に出る際に「売り」にする武器がない、または何をやりたいのか分からない。という大学三年生、四年生の就職活動を始めた学生が思う悩む苦悩を大学院留学で解決することができます

まずは就職活動の際の面接時に痛感する自分の「売り」とは、大学院で身に着ける本物の「英語力」です。語学留学やワーキングホリデイで身に着ける英語力と違い、大学院留学の最中はプレゼンやディスカッション、グループワーク、フィールドワーク、インターンシップを繰り返すことにより、ビジネスや英語を母国語とする国における様々な団体で役に立つ本物のコミニケーションツールとしての英語力を身に付けることができます。確かに昨今英語を話せる方を増えました。ただこの本物の「英語力」を持っている方はいったいどれくらいいるでしょうか?

また、もちろん英語力以外にも大学院で自分が専攻に選んだ分野の専門知識が身につきます。例えば、ビジネスでマーケティングを専攻したら、英語でもコミニケーション能力なでなく、マーケティングのリサーチ方法や分析学、統計学といった専門知識を英語で習得することができます。この英語という「もう一つのコミニケーションツール」と、英語での「専門知識」で完全武装し、就職活動での「どんぐりの背比べ」から抜け出しましょう。

また、二つ目のやりたいことも見つからないのになぜ就職活動をする意味があるのか?という問いに関してですが、海外の大学院留学の準備をしていると将来のキャリアゴールが必ず見つかります

なぜかというと、日本の大学院と違い、海外の大学院は、社会で本当に必要な専攻が大学院で生まれてくるのです。日本の大学院のように、アケデミック一辺倒だった教授が大学院の専攻を開講しているわけではなく、今現在社会で何が必要なのか、どういった知識、スキルを思って人間が必要なのか、という観点から大学院の専攻は生まれます。

例えば皆さんもよくご存知の「国際開発学International Development」、「国際管理学International Manegement」などは急速に進む国際化の中で生まれた新しい専攻です。また、「インターネットマーケティングInternet Marketing」、「インターネット管理学Internet Management」などは新しいビジネスの形態として確立したインターネット関連の学位として新しく開講された学位です。

つまり海外の大学院で専攻リサーチをするということは、同時に将来のキャリア探しでもあるのです。

一度は大学院留学のリサーチを行ったことがある方だったらお分かりかと思いますが、海外の大学院の専攻には必ず「この専攻は、将来~のようなキャリアゴールを目指すかたの専攻です」という記述があります。専攻をリサーチすることにより、自分の将来のキャリアの見つけることができます。海外の大学院の専攻は、自分の将来のキャリアゴールの選択肢なのです。

それでは良いところだけを述べていてもよくありませんので、では大学院留学をすることの欠点とはなんでしょうか?

それはずばり「就職が遅れる」ということに尽きるでしょう。せっかく大学に入学したのに、新卒での就職活動を放棄するということです。そんなこと別に気にしないという方も多いかと思いますが、実はこの新卒での就職活動とは非常に大きな意味があります。

新卒での就職活動は、企業側が、「うちの会社に入って育ってもらいたい、会社に入ってしっかり学び、将来この会社になくてはならない自分になってくれ」というスタンスで採用してくれます。つまり、現在の能力よりも、その学生の人間性、人柄などで採用、不採用を決めるわけです。その場合採用された学生は即戦力である必要はありませんので、会社内でしっかり研修を受け、育ってくれれば良いのです。

一方中途採用は、その時までの経験や実績などを元に即戦力の人材を求めます。求人する側のスタンスがまったく異なるのです。ただ、大学院留学は通常二年間ですので、大学卒業後すぐに大学院進学をして卒業した学生には、新卒扱いで就職活動が通常できます。何歳までの新卒扱いにするのか、ということは各企業によってことなりますので、どうしても入社したい企業があれば詳しく調べてみると良いでしょう。最近では留学生枠というものを設けている学校も少なくありません。

カテゴリー 大学院留学QandA, 留学と就職関連

2018年05月17日


大学院留学をあきらめて就職される方も数多くいらっしゃることでしょう。

まずはその際の利点としては、新卒で就職活動ができるということです。新卒での就職活動の利点は前項でも述べましたが、やはり大企業を狙っている方であれば、新卒での就職活動を捨ててしまうのは相当な覚悟が必要です。

また、海外の大学院に進学しようと思えば、現実的に時間だけではなく相応の費用も発生します。留学先にもよりますが、卒業までに300万円~600万円相当の費用がかかります。以上のように、新卒での就職活動ができる、時間を節約できる、そしてのこれ以上学業にお金をかける必要がなくなる、ということが大学院留学をあきらめて就職をする方の利点でしょう。

一方、大学院留学をあきらめて就職する際の悪い点とは何でしょう。

もちろん留学をあきらめて就職することに悪いことはありません。それでは大学院留学をせずに就職し、その後大学院留学をする方はどのようなことを思って会社を辞めてまで留学を決意するのでしょうか。大学院留学コンサルティングのカウンセリングルームにこられる方は、社会人の方も多いのですが、その方たちに「いつごろから留学を思っていたのですか?」という質問をすると大半の方が高校、大学時代とお答えになります。どうやら「留学」というのは、一度思い立つと一生心に残っているようです。

就職をすると楽しいことやつらいことが数多くありますが、その楽しさとは、「責任とやりがい」をどれだけ感じることができるか、ということに尽きると思います。会社でのやりがいと責任とはその会社内でどれだけ業務をこなしたか、実績を残したかに比例します。

もし貴方が一年、二年後に大学院留学を決意して就職をしたらどうなるでしょう?
例えば尊敬する上司から「お前にはあの仕事を来年任せたい思っている、だから今年はこの仕事を精一杯やってくれ」などど言われてば、「来年は留学するからこの会社にはいないんだよな、、」と思いながら業務を続けることになります。そしてその年結果を残しても、留学のために会社を辞めてしまったらまた新しい会社に一から頑張る必要があります。

通常仕事の面白さは会社での経歴や実績と比例しますので、その会社に長くいればいるほど辞めずらくなります。

また「来年留学するのに、、」と思いながら「後ろ髪を引かれた状態」で業務をこなす日々は悲劇と言わざる言えません。それならば、就職する前に大学院留学をしてしまって、何も気にすることなく、思いっきり社会人を楽しんだ方いいのでは、、という理由で大学院留学を決意する方も少なくありません。

カテゴリー 大学院留学QandA, 留学と就職関連

2018年05月17日

大学院留学セミナー開催中