大学院留学専門サポート機関 大学院留学コンサルティング

  • Youtube
  • Facebook
  • 出版物のご案内
  • 表参道カウンセリングルームのご案内
  • 会社概要
  • 大学院留学セミナー予約
  • 新規カウンセリング予約
大学院留学コンサルティングTOP > 国別に解説 大学院留学の特徴 > カナダ大学院留学の特徴 > カナダ大学院のスケジュール

カナダ大学院のスケジュール

アメリカ大学院留学イメージカナダの大学院はアメリカの大学院に教育制度やスケジュールは非常に似ています。

ただアメリカとの一番の大きな違いは私立校が極端に少ないということです。アメリカは教育ビジネスが盛んな国ですので、トップ校は私立校が多いのが現状です。一方カナダはほとんどが州立校のため学校数がアメリカに比べると非常に少ない一方、教育水準は非常に高い学校がそろっていますので、一般的にどの学校も入学難易度が高いのが現状です。

授業料が安く教育水準が高いので、世界中の留学生に人気があるということです。特に人気の専攻はビジネス、観光学、ホスピタリティー、環境学などです。

  

カナダ大学院の年間スケジュール

カナダの大学院は、一般的に入学が9月(秋学期)、卒業が6月(春学期終了後)になります。Summer Schoolでは、入学前に必要なPre-Requisitesと呼ばれるコースを履修したり、企業研修(インターンシップ)を行ったりすることもあります。もちろん夏休みとして過ごすこともできますが、留学生は通常Summer Schoolの期間も授業を履修しています。また、カナダは学期制を実施しているため、1月スタートの春学期入学が可能な学校も数多くあります。またカナダの大学院は2年間のうち二年目をすべてリサーチ及び修士論文作成に当てるコースが主流です。その場合は二年目の最初からリサーチが始まりクラスを履修することはほとんどなくなります。

【一年目】
秋学期(Fall Semester) 冬学期(Winter Semester) 夏学期(Summer Vacation)
9月(入学)〜12月 1月〜5月 6月〜8月
基礎科目 基礎科目 夏休み、サマースクール、インターン
【二年目】
秋学期(Fall Semester) 冬学期(Winter Semester) 卒業式(OPT期間スタート)
9月〜12月 1月〜5月(卒業) 6月〜
専門科目もしくは修士論文作成 修士論文作成 卒業式、OPT期間開始

多彩なコース内容と卒業期間

カナダの大学院は、コースワーク重視のプログラムと、リサーチ中心のコース、大きく2つに分けることができます。まずコースワーク制の修士課程は、基本的に特定のコースを履修することで修士号を取得しますが場合によっては専門的なインターンシップが含まれることもあります。研究志向の修士課程では、専攻分野のコース履修と学位論文作成の両方が要求され、履修には2年間が必要になります。

通常留学生が入学するのはこちらのコースで、2年間で卒業することになります。カナダの大学院卒業後は、アメリカと同様にプラクティカムトレーニング期間が与えられ、一年間有給で働くことができます。年間費用は120万円(学費・滞在費込み)〜と為替レート関係も手伝って、格安で非常に水準の高い教育を受けることができます。


難易度と人気が高い

カナダの大学院は、学費がリーズナブルで全ての学校で非常に高い教育水準を保っているため、昔から非常に人気の留学先でした。特に人気のエリアは、ブリティッシュコロンビア州で、州都はバンクーバーになります。バンクーバーは北米西海岸に面した穏やかな気候が特徴のベイエリアです。四季もあり気候も日本と似ていることがから日本人留学生の多い地域です。

学校ではUniversity of Victoria、University of British Columbia (UBC)、Saimon Franser Universityなどが人気です。ただ、カナダの大学院は人気が高いだけでなく、同時に入学難易度の高い学校としても知られています。カナダの大学院に入学するためには、大学の評定平均(GPA)が3.5以上、TOEFLが250以上が好ましいでしょう。ただ、GRE,GMATは要求する大学は少数なので、大学時代の成績と英語力に自信がある方向けの国と言えます。


国別に解説 大学院留学の特徴

大学院留学を成功させるための情報サイト
常時SSL化暗号化通信で個人情報保護を徹底しています。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール