大学院留学専門サポート機関 大学院留学コンサルティング

  • Youtube
  • Facebook
  • 出版物のご案内
  • 表参道カウンセリングルームのご案内
  • 会社概要
  • 大学院留学セミナー予約
  • 新規カウンセリング予約
大学院留学コンサルティングTOP > 大学院留学 魅力と難易度 > 魅力と目的 > 現役大学・大学院生の魅力と目的

現役大学・大学院生の魅力と目的

現役大学・大学院生 新社会人(職歴3年以内) 社会人(職歴4年以上)

現在、大学院留学を目指す新卒大学生が増えています、
その背景には日本独特の教育制度が大学院留学を促進しているようです。

日本の大学には、実社会の経験がない教授が数多くいるため、生徒に具体的なキャリアゴールを提示することが難しいという現実があります。 一方海外の大学院では、実際に企業で活躍しているビジネスマンや研究者が教壇に立つことが珍しくありません。

そういった業界の第一線で活躍している方から教わることにより、自分が興味がある業界にはどのようなキャリアが有るのか、ということを具体的に知ることができます。

また、もう一つの問題は、日本の大学での研究テーマを突き詰めていこうとしても、日本の大学院はとても閉鎖的環境にあるため、他の大学の生徒を認めない傾向にあります。海外の大学院では、自分の支持する教授が他の大学に移ったので自分も大学院は他へ進学する、ということが頻繁に起こります。こういった日本独特の教育環境が、大学生を海外の大学院へと導いているようです。


「まだ就職したくない。」という目的

現役大学生が大学院留学を目指す場合この理由が一番多いのではないでしょうか?ただ「まだ就職をしたくない」といってもその理由も様々で、希望する就職ができなかったから、どんな分野に就職していいか分からない、将来やりたいことが決まらない、漠然ともう少し学生をしていたい、と様々かと思います。ただ共通して言えることは、「まだ就職したくない」ということです。

過去就職氷河期と呼ばれていた時期は、現実的に「就職ができないから」という理由も存在しましたが、今は多くの企業が人材確保に翻弄する時代ですから、新卒の大学生が就職ができない、ということはありません。そのため、新卒の大学生が大学院留学を目指す場合は、理由は様々ですが「まだ就職をしたくない」という理由は少なからずあると思います。 では就職を先延ばしにて本当に大丈夫なのでしょうか?さらに言えば新卒での就職活動を蹴ってまで大学院留学を目指す利点はあるのでしょうか?

答えはNOです。今も昔も様々な理由から新卒での就職活動は中途採用に比べるとアドバンテージがあるものです。例えば中途採用枠で就職活動をすると、人事採用係は面接時に、「この人材がうちに入ったらどの程度働くことができるだろうか?どの部署でどういった業務をこなしてもらおう??」とったある程度の“計算”をします。入社後の働きを計算できる人間、つまり即戦力になる人材を探しています。

そのため中途採用の場合は、面接官に即戦力として働くことができるということを分かりやすく証明しなければなりません。それは英語力やリサーチメソッドといったスキルである場合もありますし、経営学や会計学といった専門知識である場合もあるでしょう。また一定期間同業他社での業務経験もアピールポイントになります。同業他社で結果を出しているのであれば、同様の環境があれば同様の結果が出せる人材という計算を面接官が立てることができます。


新卒での就職活動を行う利点

一方新卒での就職活動ではいかがでしょうか?おそらく人事採用係は、「この人材を教育して〜の部署で活躍してもらおう、〜部署に入れて営業を学ばせ将来は商品開発部で活躍してもらえるかもしれない、、」といった入社後に教育をして会社に貢献できる人材に育ってもらおう、というスタンスで人材を選びます。

つまり即戦力である必要がない訳です。入社後に社会人としてのマナーや業務、才能を磨きスキルを伸ばしていけばいいのです。そのため新卒の就職活動でPRすべきは即戦力で使える知識やスキルではなく、将来のポテンシャル(潜在能力)なのです。このように新卒で就職活動を行う利点は即戦力を求められていないので入社後も充実した教育を受けることができます。

一方途中採用で入社すると充実した教育は期待できません、短期間の教育期間を経て即戦力として現場に出なければなりません。このように即戦力して期待される能力を証明することなく就職活動ができることが新卒で就職活動をする最大の利点と言えるでしょう。中途採用枠では非常に門戸の狭いような大企業でも新卒には非常大きな門を開いているケースも多々あります。

これには大企業がまだ余計な影響受けていない新卒生を採用し企業の都合に合わせた人材の育てたいといった目的を入っていると思いますが、いずれにしても新卒で大学院留学をするということはこのような新卒での就職活動を諦めなければならない場合も多いということです。

ただ新卒での就職活動、つまり即戦力を求められない就職活動とはそれほどよいものなのでしょうか?即戦力ではなくポテンシャルで面接などと対峙しなければなりませんので、どうしても志願者の「どんぐりの背比べ」になってしまうことは否めません。集団面接などでも隣の志願者と自分は何が違うのだろう、、と思ってしまいます。それは試験官にも同じで、新卒学生の集団面接なでではそれぞれの学生が何が違うのか本当に理解しているでしょうか?または理解しようとしているでしょうか?

何千人もいるさほど変わらない学生の篩いにかけるのですから一人ひとりの学生を理解できるはずがありません。そうなるとやはり学生の肩書きが重要になるのは言うませもありません。例えば学歴、成績などです。一番分かりやすいのが学歴でしょう、よりレベルの高い大学の学生の方がより高いポテンシャルを持っているのではないか、と思うのは当然のことです。ただこのポテンシャルを明示できない学生はどうしたらいいのでしょうか?一昔前のように「就職先がなかった」のであればあきらめもつきますが、今は就職先の門戸は開いているのですからなかなか諦めもつきません。


新卒で大学院留学を実現する意義

そこで大学院留学を実現させ、“どんぐり”の中から頭一つでも飛び出してから就職活動を行いたいと思う方が増えているのです。 実は大学院留学をすると新卒で就職活動を行うことができないと思っている方も多いのですが、それは間違いです。皆さんもご存知かと思いますが、新卒での応募条件は平成〜年卒業、または平成〜年卒業生まで、というような記述がしてあります。

つまり卒業する際の年齢はそれほど重要でないわけです。もちろん年齢制限を設けている場合もありますが、大学を卒業した年に大学院へ進学したのであればそれは進学ですから、通常新卒扱いで就職活動ができるわけです。それではなぜ大学院留学をすると新卒枠での就職活動にこだわらなくなるのでしょうか?理由は2つで、一つ目は即戦力としてアピールできるスキル、知識、そして経験を持っているためです。もう“どんぐり”になる必要はないというわけです。

目に理由は、将来のキャリアが明確になるため就職活動を行う業界が限られるためです。新卒で就職活動をされている方の中には、「銀行や証券も受けたし、電子通信やアパレル、教育サービス、商社やフォード産業も受けました」という方が数多くいらっしゃいますが、将来どういった分野でキャリアを構築していきたいか、ということが決められていないのだと思います。

そのため業界で狭めることができませんから、どうしても社名や規模、イメージで決めてしまい大企業のみを受けるということになります。しかし大学院留学実現者は違います。通常真剣に一つの分野を一年〜二年海外で学んでくると、将来自分がどのような分野で活躍していきたいのか、ということが見えてくるものです。そうなると闇雲に面接を繰り返すわけではなく、自分が将来勝負したい分野に絞って就職活動ができます。そうなると海外で培ってきた知識や経験、スキルがありますから、新卒にこだわる必要がなく、新卒、中途問わず迷うことなく就職活動に邁進できるはずです。

以上のように大学生活で見つからなかった将来のキャリアゴール、そして自らのキャリアプランを大学院留学で見つけようとする方も増えています。 では就職してから働きながら、現場を経験しながら将来のキャリアゴール、自分が将来の時間を賭けて勝負したいフィールドを探してもいいのでは?という意見もあるでしょう、ただ日本はそれをするには少々不向きな国という現状があります。

現役大学院生の大学院留学

現在日本の大学院に在籍している方か、既に日本で大学院を卒業された方が海外の大学院に進学することも珍しくありません。なぜなら、海外の大学院では今までの専攻とは違う専門分野にもチャレンジできるからです。

日本で大学院まで進学したが、今までとは違う専門分野を学びたくなってしまった、将来の方向性が変わってしまった、という方が海外で再出発を図っているようです。

例えば、日本で電気工学の大学院を卒業したが、将来は生物の分野でキャリア築いていきたい、ということが海外の大学院では可能なのです。

海外大学院学校紹介

大学院留学を成功させるための情報サイト
常時SSL化暗号化通信で個人情報保護を徹底しています。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

関連ページ

-----------------------
大学院留学に必要なテスト対策方法の解説とスクールのご案内