大学院留学を考えているのですが、大学院に必要なGPAについて分からないことがあります。出身大学で発行した、英語で書かれたGPA証明書を提出するのか、出身大学で発行した、英語で書かれた成績証明書を提出しそれをもとに、大学院が新たにGPAを作るのか、どのようになっているのでしょう?

通常海外の大学院へ出願する際は、出身大学で英文成績証明書を発行してもらい、その証明書が出願書類となります。ただ出身大学で別途GPAの証明書などの発行は必要ありません。通常出願校が英文成績証明書を確認し、出願校独自の方法でGPAは計算することになります。

ただ日本の大学ではGPAが英文成績証明書に既に記載されている場合もあります。その場合はそのGPAが出願時の参考資料となりますが、実際は出願校によって独自で定められている計算方法に基いて計算されますので、出身大学の英文成績証明書に記載されているGPAは全てではありません。

また最近ではWES(World Educational Service)のような世界の成績証明書などは北米式の評価方法に審査し直し、GPAの計算も行う教育機関での審査を要求する学校も増えています。

いずれにしてもGPAに関しては海外大学院が学校別に独自の計算方法で計算しますので、自分で計算したり出身大学にGPAの証明書の発行などの依頼をする必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です