IELTSの過去問題集を解いてみましたが、リスニング正答率が、22-25点で特にセクション4が非常に難しく感じています。今後スコアを上げるためにはどうしたらいいでしょうか?

22~25は5.0-6.0といったスコアリングになるかと思います。
30以上になると6.5は超えてくると思いますので、最終的な目標になるかと思いますが、まずは6.0超えを目指し、コンスタントに25超えを目指すのが直近の目標になるかと思います。IELTSのリスニングは難易度がだんだん上がりますので、セクション4が特に難しいと感じるのは自然だと思います。現在22~25問題正解
ということであれば、問題に慣れていけばコンスタントに25を超えることは十分可能だと思います。

セクション4が最も難易度が毎回高いという訳ではありませんが、通常最初の2セクションと最後の2セクションは難易度の差が高いのが現状です。最初の2セクションを全て正解することができれば、確実に20問は正解することができます。そのうえで残り後半半分の中で半分正解すれば30問は超えることになります。そのため、後半の正解率を上げることも重要ですが、前半の正解率を100%近くに高めることも非常に重要となります。特に前述しております通り、IELTSのリスニングセクションは前半の20問と後半の20問の難易度が大幅に異なることが多いので、非常に前半の正解率が重要となります。ご参考のうえ対策にお役立て頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です