大学時代の成績(GPA)が3.0以下なのですが大学院留学は可能ですか?

大学院留学には必要な条件やものが多数存在します。

その大変重要な条件の一つの貴方の大学時代の成績、GPAがあります。GPAとは大学時代の成績の平均値になります。計算方法は、
A, AA , A+(優)-4
B(良)-3
C(可)-2
と数字を出し、その数字をそれぞれの単位数に掛けていきます。
そしてその総合点数を卒業までに履修した全ての単位で割ります。

以上が一般的なGPAの計算方法になりますが、その結果が3.0以上なければ大学院留学は難しいと言われています。ただ今回の質問者のように3.0以下の方は本当に大学院留学は不可能なのでしょうか?

答えはGPAが3.0以下でも大学院留学することは可能です。

なぜなら、まず大学が2.5以上を入学基準としている場合もありますし、または他の条件、例えばエッセイや職歴、GRE,GMATなど他の条件で秀でるものがあればGPAをカバーすることができます。

GPAが低い方はどのように他の条件で補うか、ということを考えながら大学院留学の準備を進めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です