イギリスの大学院に出願しようと思っているのですが現在IELTSのスコアが足りていないのですが、できるだけ早く出願してしまった方がいいのでしょうか?

通常イギリスの大学院は条件付き合格後入学までに条件であるスコアを提出することができれば問題なく入学することができます。

一部の大学、コースを除き出願時に英語のスコア提出は求められませんので、一般的にはご指摘頂いております通り(イギリスの大学院は出願順に審査を始めていきますので)、できるだけ早く出願し、条件付き合格を得ることをお勧めいたします。

ただあまりにスコア低い場合、また出願する学校のレベルによっては早ければ早い方がいいという訳ではありません。例えばオックスフォードやケンブリッジ大学には出願締切を設定しているコースが多く、その場合は締切までに出願すれば早くても遅くても審査には影響ありません。そのためしっかりと出願コースが要求しているスコアを取得後に出願することが重要です。

また、LSEやImperial Collegeといったトップスクールは、IELTSスコアが低いと審査を始めてもらえない、また不合格になってしまうケースもありますので、出願時のスコアや出願する時期は(そういったトップスクールを目指す場合は)しっかりと戦略的にスケジューリングする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です